ptZH-CNenfrdeitjarues

Para proteger infraestruturas críticas é necessário conhecer os riscos a que uma rede industrial e os sistemas de controle estão submetidos, quais as principais normas de segurança disponíveis no mercado e como corretamente implementar e monitorar o CSMS (サイバーセキュリティ管理システム) definido pela norma ISA/IEC 62443. A Academia TI Safe oferece treinamento e certificação específicos para a proteção de infraestruturas críticas, que prepara seus alunos para a complicada tarefa de assegurar as redes industriais e sistemas de controle contra ataques cibernéticos.

Nos últimos anos tem sido verificado um aumento vertiginoso dos incidentes de segurança em infraestruturas críticas pelo mundo. A formação preenche um segmento de mercado com enorme demanda das indústrias cujas infraestruturas são críticas para as nações.

図:教室トレーニング

見る 元学生の証言.

O curso está disponível no formato de 20 horas de aula ministradas na Academia TI Safe, no Rio de Janeiro, ou nas instalações do cliente para um grupo mínimo de 10 alunos. Ele é indicado para profissionais de TI ou de Automação Indusrial que possuam conhecimentos sobre sistemas operacionais, protocolos de rede, linguagens de programação, hardware e software. São desejáveis conhecimentos em segurança da informação, sistemas de automação (SCADA) e redes industriais. As apostilas do treinamento estão disponíveis em Inglês e Português do Brasil.

図:教科書 - こちらで購入

トレーニング内容:

  • 産業用ネットワークとSCADAの紹介
  • 重要インフラとサイバーテロ
  • 産業用ネットワークのガバナンス
  • リスク分析の紹介
  • 産業用ネットワークとSCADAシステムにおけるリスク分析
  • マルウェアとサイバーWeb
  • オートメーションネットワークにおける境界セキュリティ
  • 産業用ネットワークにおける暗号
  • SCADAシステムにおけるアクセス制御
  • 徹底した防衛と継続的モニタリング

全コーススケジュールを見る

私たちの仮想教育環境で利用可能な対面トレーニングの同じ内容。 いつ、どこで欲しいかを勉強しましょう。 10モジュールは各モジュールの最後にテストがあるビデオレッスンです。

図:バーチャルティーチング環境

産業用ネットワークのリスクを特定するために必要な知識を提供し、主な国際安全基準に従って、それらのための主な対策を推奨する包括的なトレーニング。

トレーニング中に、Automation Security Manager、IT Manager、およびIndustrial Directorは、SCADA制御システムの主要なリスクを特定するためのステップバイステップのプロセスを学習し、に従ってCSMS(Cyber​​ Security Management System)を設計および展開します。これはISA / IEC 62443規格を述べています。

図:TIの安全なオンライントレーニングコース

聴衆

このコースは、国家の重要インフラストラクチャの監査、設置、およびセキュリティの確保を担当する専門家を対象としています。

  • エネルギーの発生、伝送および配給
  • 水処理および下水ステーション
  • 石油とガス
  • 電気通信サービス
  • 輸送と物流
  • 金融サービス
  • 食料生産と流通
  • セキュリティサービス(警察と軍)

CASE認定は、専門家がSCADAシステムとの産業用ネットワークを適切に保証するための適切な知識を持っているかどうかを決定します。 完全にポルトガル語で、認証は業界の管理者とその管理者に能力の客観的な尺度と同様に認識可能な知識の基準を提供します。

誰がCASE認定を受けていますか?

この認証は、国家の重要なインフラストラクチャの監査、設置、およびセキュリティ保護を担当する専門家を対象としています。

  • エネルギーの発生、伝送および配給
  • 水処理および下水ステーション
  • 石油とガス
  • 電気通信サービス
  • 輸送と物流
  • 金融サービス
  • 食料生産と流通
  • セキュリティサービス(警察と軍)

図:CASE認証取得証明書

CASE認定ルール

  • CASE認定テストは、60の複数の質問から構成されています。
  • 試験時間は90分で、受験者は試験を受けることを2回試みます。
  • 試験に割り当てられたポイントの合計値の70%以上のヒット数を取得した場合、学生は承認されます。
  • 承認された場合、候補者はCASE証明書を受け取る権利が与えられます。
  • CASE証明書は、発行日から2年(24月)の有効期限があります。

テストの準備

この認定は、この分野に興味を持っているすべての専門家に開放されていますが、TI Safeは受験者にテストの前にIndustrial Automation Safety Trainingの実施を検討することを明確に推奨します。 このトレーニングは、認定に関するすべての分野の知識を満たし、TI Safe Webサイトに公開されているカレンダーに従って定期的に実施されます。 TIセーフは提供します 学習ガイド 検討すべき主なトピックと 模擬 試験の前にあなたの知識のレベルを測ってください。

購読する

著作権©2007 - 2018 - ITセーフ情報セキュリティ - すべての権利予約。